課題詳細

11.工学院大学

課題

女子高校生が思わず理系を志したくなるようなアイデア

募集ジャンル

キャッチフレーズ/テレビCM/ラジオCM

11.工学院大学 クリックで拡大表示 11.工学院大学

課題のポイント

コピーの目的

工学院大学では「女性の理系進学者が増えて、日本が元気になる」。そんなきっかけに繋がるようなアイデアを募集します。「ダイバーシティ(年齢、性別、国籍を超えた多様性)」という言葉が社会で注目され、さまざまな価値観の交わりが広がる世の中、この流れを加速させられるような取り組みのひとつにできたらと思います。また、アイデアの受け手は、女子高校生をはじめ、男子高校生や保護者、高校教員など、幅広い人が対象です。

市場・ターゲットの動向

2018年を境に大学などに入学する18歳人口が減少期に入り、また、昨今の受験生の志願動向は、文系人気が理系を上回る「文高理低」傾向にあります。工学院大学における近年の入学者の女子比率は約2割で推移しています。学問系統で見ると、化学・建築系分野は比較的女子の入学者比率が高く、一方で、機械・電気系分野は低い傾向があります。

制作にあたっての注意事項

アイデアは、広報媒体誌やWebサイト、各種イベントなど本学の広報活動で活用する可能性があります。

作品応募