ニュース

芸人 ジョイマン 高木晋哉さんに聞く!「ブラジル 茹で汁」 “違和感”のある言葉が笑いを生む【応募者応援リレーコラム】

「言葉」で勝負しているのはコピーライターだけにとどまりません。各業界で「言葉」を武器に活躍している方々は、「言葉」についてどのように考えているのでしょうか。本コラムでは、「コピーライティング」という枠組みにとどまらず、「言葉」というものについて多角的な側面からアプローチ。各領域にプロの方々に「言葉」についてのご意見を伺います。

第4回では、芸人 ジョイマンの高木晋哉さんがお笑いの目線から「ことば」について語っています。

「共通点は“韻”だけ。出会ったことのない「言葉」をくっつけてみる(芸人:ジョイマン 高木晋哉 )」




「言葉」はお笑い芸人の武器、でも僕は「言葉」を恐れていた
はじめまして。お笑い芸人をやらせていただいています、ジョイマンの高木晋哉です。「ありがとう オリゴ糖」や「ジンベイザメ 湯冷め」や「普段着 エリンギ」などの韻を踏んだ言葉を言うネタをしています。
お笑い芸人にとっての「言葉」は便利な道具であり、武器のようなものです。しかし、そんな味方とも言うべき「言葉」を、僕は昔から恐れていました。......

【記事の続きはこちら】


【寄稿者】
高木 晋哉
2003年4月にコンビ「ジョイマン」を結成。2007年より「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)に出演し、“クセになる脱力系ラップ”のキャッチコピーでブレイクするも、2014年に開催したサイン会ではお客さん0人だった。2018年7月には「チケットが完売しなければ解散」という条件付きで「ジョイマン15周年記念単独ライブ『ここにいるよ。』」を東京・ルミネtheよしもとで開催。チケットを完売させ、解散を回避した。現在もまたプチ再ブレイク中!

第59回「宣伝会議賞」特集 関連記事はこちらから!