ニュース

第59回「宣伝会議賞」中高生部門 応募総数は4万2984点

第59回「宣伝会議賞」の中高生部門では、
4万2984点の作品が集まりました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

学校単位・クラス単位での応募を受け付ける団体応募は、
北海道から沖縄まで延べ220校が参加し、昨年の189校を上回る結果となりました。

また、賞と連動し、宣伝会議賞事務局では、現役コピーライターを講師に迎えた出張授業を実施。
今年はオンライン形式も取り入れながら、東京都内のほか、
神奈川、宮城、山梨、福井、愛知、三重、沖縄の中学校・高校で授業を行い、
参加人数は10校・1300名を超えました。

現在発売中の月刊『宣伝会議』2022年3月号では、中高生部門審査委員長の阿部広太郎氏をモデレーターに、前回グランプリ受賞者・ゴールド受賞者2名との座談会を行っています。