ニュース

「宣伝会議賞」応募に必携の参考書を一挙紹介!

★受賞・入賞作品集『SENDENKAIGI AWARD TEXT SKAT.16

第54回「宣伝会議賞」のグランプリをはじめとする受賞作品はもちろん、 一次通過以上の作品4852点を完全収録!
広告界の第一線で活躍するトップクリエイター約100人の審査講評のほか、『SKATのトリセツ』、 贈賞式にて行われたスペシャルトークイベント「私が心を突き動かされた言葉」(出演:コムアイ〈水曜日のカンパネラ〉×秋山具義〈デイリーフレッシュ〉×谷山雅計〈谷山広告〉)も掲載しています!

こんな方におすすめ!
◎宣伝会議賞の対策をしたい
◎審査通過率を上げたい、受賞を狙いたい
◎コピーライターを目指している
◎新しいアイデアや切り口を探している



★『最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法

著者は、第55回「宣伝会議賞」でも最終審査員を務めるコピーライターの中村禎さん。
「広告コピーを書く」というプロセスを分解すると、「書き出す」ことと「選び抜く」ことの二つの作業に分けることができます。
つまり広告コピーが選べなければ、「コピーを書いていない」のと同じなのです!
本書では、広告コピーの正しい悩み方を身に付けることができます◎



★『広告コピーってこう書くんだ!読本

宣伝会議のロングセラー!新潮文庫「Yonda?」、「日テレ営業中」などの名コピーを生み出した、コピーライター・谷山雅計さん。
今年も宣伝会議賞の最終審査員を務める谷山さんが、20年以上実践してきた“発想体質”になるための31のトレーニング方法を紹介。



★『広告コピーってこう書くんだ!相談室(袋とじつき)

著者は、第55回「宣伝会議賞」でも最終審査員を務めるコピーライターの谷山雅計さん。
コピーライティングのバイブルとして読み継がれているベストセラー広告コピーってこう書くんだ!読本の実践・指南編。
“コピー脳”を育てる21のアドバイスのほか、広告業界で初めてキャンペーンコピーの書き方を体系化して解説。
さらに、谷山さんが「ガス・パッ・チョ!」(東京ガス)を生みだすまでに書きつづったコピーを「生ノート」として袋とじで公開。
アイデアや発想に悩んだとき、コピーの壁にぶつかったときに、進むべき道を教えてくれる1冊です。



★『コピー年鑑2016

“コピーで選ぶ”日本唯一の広告賞「TCC賞」。TCC賞2016の受賞作品ほかを収録した年鑑です。
(コピーライターを目指す方の中には「写経」する方までいるそう…)
キャッチフレーズ、ボディコピー、ネーミング、そしてテレビ・ラジオCMやWebムービーのナレーションまで、約880点の日本のコピーを業種ごとに収録しています。