ニュース

第56回宣伝会議賞 中高生部門の課題を先行発表!

今年で3回目となる、応募資格を中学生・高校生に限定した宣伝会議賞「中高生部門」は昨年の2倍となる18課題となりました。

自由な視点で課題に取り組み、それぞれの感性を生かしながらコトバを考え、磨き上げる。

作品の応募受付は8月30日(木)より開始いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。


赤城乳業

ガリガリ君がもっと好きになる、もっと楽しくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
ガリガリ君はみんなにもっと楽しんでもらうために、色々なチャレンジをしてきました。 時にはコーンポタージュ、ナポリタンといった冒険も。そんなガリガリ君がもっと好きになる、 もっと楽しくなるキャッチフレーズを募集します。ガリガリ君以上に自由な発想、楽しみにしています。

企業のWebサイトへ

アサヒ飲料

「カルピス」(希釈用)を仲間と一緒に飲みたくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
希釈タイプの「カルピス」そのまま飲める「カルピスウォーター」や「カルピスソーダ」。 あなたはどの「カルピス」が最初に思い浮かびますか? 今回は希釈タイプの「カルピス」を仲間と飲みたくなるアイデアやコピーを募集します。仲間とのどんな時間にどのように「カルピス」を使うと良いかイメージして考えてみてください。

企業のWebサイトへ

ECC

“英語が話せたらカッコイイ”と思わせる、覚えやすいキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
英語・英会話が苦手、あるいは英会話スクールへ通うことに魅力を感じていない中高生に向けて、 「ECC外語学院」の英会話レッスンを、身近な習い事の一つとして認知させたい、というのが意図です。 当院はターゲットが1歳半からシニアと幅広いですが、中高生の層がボトルネックになっているのが課題であり現状です。

企業のWebサイトへ

エイベックス・アーティストアカデミー

ダンスや歌を習いたくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
エイベックス・アーティストアカデミーでは "ダンス" や "歌" 、モデルなど幅広くエンタテイナーを育成しています。数多くのアーティストを輩出しているスクールで、初心者でも "ダンス" や "歌" を思わず習ってみたくなるようなコピーを募集します!

企業のWebサイトへ

河合塾

思わず同級生に話したくなるような、河合塾の魅力あふれるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
皆さんにとって、「河合塾」ってどんなイメージの塾ですか? アツい講師がいる?テキストの質がいい? その皆さんなりのイメージを、短いフレーズにギュっと凝縮したコピーを考えてください。 同級生に「あの広告見た?」と思わず言いたくなるような、河合塾の魅力を伝えるキャッチフレーズ、お待ちしています。

企業のWebサイトへ

キョクトウ・アソシエイツ

プラスメモリ罫のノートを使ってみたくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
“collegeプラスメモリ罫“は、2018年8月に発売したばかりの新商品。 ふだん使っているノートよりも「もっと使いやすいノート」を目指して中高生の皆さんの声をもとに開発しました。 このノートが持つ魅力を見つけて、ふだん使っているノートから乗り換えしたくなるようなキャッチフレーズを大募集します!

企業のWebサイトへ

ザ・プロアクティブカンパニー

「ニキビケアはプロアクティブ」とSNSでオススメしたくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
ニキビケアのプロアクティブ。 肌への効果とやさしさにとことんこだわり、開発された商品なのです。 プロアクティブをもっと身近に感じ、興味を持ってもらえるように、 SNSで大拡散するアイデアを考えてください! どのSNSを想定してキャッチフレーズを考えたのかも、教えてくださいね!

企業のWebサイトへ

ジャパンフリトレー

マイクポップコーン(ポップコーン)を食べたくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
「マイクポップコーン」は、1957年、日本初のポップコーン企業として誕生し日本で初めて袋入りのポップコーンを発売しました。 映画館、遊園地、パーティーなど今や楽しい場所には欠かせないお菓子となっています。 そんなポップコーンをもっと身近に食べたくなるキャッチフレーズをぜひ考えてください。

企業のWebサイトへ

大修館書店

スマホがなんでも答えてくれる今、あえて紙の辞書を使いたくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
いま、ふとした疑問は、いつでもどこでも素早くスマホで検索できます。 一方、紙の辞書は、情報の一覧性が良い、メモが書ける、付箋をつけられる、確かな情報が得られるなどの特長があります。 調べものならスマホで…と思っている人に、あえて紙の辞書を使いたくなる、紙の辞書の魅力を伝えるコピーを募集します。

企業のWebサイトへ

永谷園

思わずお茶づけを食べたくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
お茶づけは、朝ごはんでも、お昼ごはんでも、ちょっと小腹がすいた時でも、夜食でも、 ごはんとお湯があれば簡単に食べることができます。 また、お茶づけの上に好きなものを乗せて食べてみてもOKなんです。知っていましたか? 皆さんがお茶づけを食べたくなってしまう、そんなキャッチフレーズを募集します。

企業のWebサイトへ

日本アルコン

初めてのコンタクトを「デイリーズ」にしたい、すすめたいと思わせるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
初めて使うコンタクトレンズに1日使い捨てレンズを選ぶ人が多くいますが、どの製品を選べば良いのか自分ではよく分からない。 あなた自身や友達が初めてのコンタクトとして「デイリーズ」を使ってみよう!と思わせるキャッチフレーズを募集します

企業のWebサイトへ

日本速脳速読協会

『速読』ができるようになりたい!と思えるようなキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
速読は生活の様々な場面で役に立ちます。 読書が好きになったり、テストや受験に強くなったり、一見関係のなさそうなスポーツにも良い影響があります。 そんな速読の魅力が伝わり、「是非速読をやってみたい!」と思えるようなキャッチフレーズを募集します。

企業のWebサイトへ

日本デザイン振興会

中高生に「グッドデザイン賞ってどんな賞?」を伝えるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
60年以上続く「グッドデザイン賞」。日用品、家電、建築、産業機器、アプリ、サービス、社会貢献活動など、 あらゆるデザインから「グッドデザイン」を毎年選び、シンボルマーク「Gマーク」とともに紹介しています。 この「グッドデザイン賞」を、中高生のみなさんに一言で紹介するなら?鮮やかなキャッチフレーズを募集します!

企業のWebサイトへ

バンダイナムコアミューズメント

バンダイナムコアミューズメントをみんなにアピールするキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
バンダイナムコアミューズメントは「太鼓の達人」などのゲームマシンやテーマパークアトラクションの開発製造と、 ナンジャタウンや全国のnamcoといった施設の運営を進化させるために2018年4月にスタートした会社です。 そんな私たちを多くの人にアピールする、できれば特定の作品名やキャラ名を使わないフレーズをお願いします!

企業のWebサイトへ

ブリヂストンサイクル

中高生が電動アシスト自転車で通学したくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
電動アシスト自転車(以下電動自転車)は、自転車をこぐ力をモーターで補助することにより上り坂や長距離を楽に、 快適に移動できる乗り物です。最近は電動自転車を使って通学する中高生も増えています。 電動自転車の便利さをより多くの中高生に知ってもらい、電動自転車で通学したくなるようなコピーを募集します。

企業のWebサイトへ

マンダム

GATSBYヘアジャムを一度使ってみたくなるようなキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
突然ですが、スタイリング剤はワックス以外にも種類があること、知っていますか?(例えば、ジェル、スプレーなど) 実は、ヘアジャムは時短・テクニックいらず、オイルフリーという魅力を持つスタイリング剤です。 あなたのお友達や知り合いで、他のスタイリング剤を使用している人、もしくは普段スタイリングしていない人にヘアジャムをオススメするとしたら、どのように伝えますか? 思わず使ってみたくなる魅力的なキャッチフレーズを募集します!また、伝えたい友達がどんな人(特徴)なのかも教えてね。

企業のWebサイトへ

ユニアデックス

デジタル技術でエクセレントになった未来の学校生活を表現するキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
AmazonもUberもとても便利だ。でも、おかげでショッピングモールもタクシー会社もつぶれそう。 デジタル技術で練られた新ビジネスが多くの業界を破壊している。これは米国の話。 しかしみなさんが社会に出る頃にはデジタル化の波は日本にも…。 今のうちに柔軟な思考に慣れておきませんか?デジタルで一変した未来の学校生活を表現してみてください。

企業のWebサイトへ

読売中高生新聞

読売中高生新聞を思わず読みたくなるキャッチフレーズ

企業からのメッセージ:
読売中高生新聞は、読売新聞社が2014年に創刊した10代向けの週刊新聞です。 スマホ世代のみなさんからすれば、「えっ、新聞なんて…」と思うかもしれませんが、不思議なことにこの新聞、年々、発行部数が増えています。 はたして中高生新聞の魅力って何なのか? まずは実際に手にとって、考えてみてほしいと思います。

企業のWebサイトへ

中高生部門では団体応募も受け付けています。
詳しくはこちらをご確認ください。