思えば学生時代は、ほぼ部活のために学校に通っていました。
小柄なくせにバスケ部で、レギュラーの座なんて夢のまた夢とわかっていても、
みんなと体育館で汗をかいて声を張り上げていることが自分の全てでした。
世の中がこういう状況になり、とくに三年生にとっては、
最大にして最後の目標が突然、消滅してしまった。
その無念さ、脱力感がどれほどのものなのか。
大人になってずいぶん時間が経ってしまった僕には想像がつきません。
運動部の人も、文化系の人も、部活に入らなかった人も。
あなたにとって「部活」とは?その生々しい想いをまっすぐ、
言葉にしてぶつけてみてほしいです。
間違いも正解も、ここには一切ありません。強い言葉を待っています。

中高生部門 審査員長

渡辺潤平

中高生部門 特別課題とは

特別課題
部活動の価値を伝えるキャッチフレーズ

新型コロナウイルスの影響によって、全国の部活生の目標だった大会やコンクールが中止となりました。試合や活躍の場が失われることになりましたが、部活動に励んだ日々や経験を活かせる「コトバ」の挑戦の舞台を設けました。部活動に注いだあなたの熱量をコピーに変えて、いま、部活動の価値を伝えることにチャレンジしてみませんか?

※特別課題の審査は中高生部門 審査員および特別ゲストと行い、優秀な作品に特別賞(複数)が贈られます。

応募方法:10月1日午前10時より宣伝会議賞公式HP(https://senden.co/)より応募登録スタート

Partner

協賛企業

  • Premium
    Partner

    日清食品株式会社

    今年は様々な大会、試合が軒並み中止となり、涙を流した生徒もたくさんいることかと思います。ただ、日々の努力は嘘をつきません。必ずこの先の人生で「あの時の頑張りがあったからこそ!」という場面に出くわすと思いますので、是非次のステージの糧にしてください。
    日清食品は、創業者・安藤百福が掲げた「食とスポーツは健康を支える両輪である」との思いのもと、様々なスポーツ活動を応援しています。
    本企画を通して皆さんの部活動に対する熱い思い、心躍るコトバ楽しみにしております。
    皆さんの青春の1ページに「カップヌードル」を!

    https://www.cupnoodle.jp/

  • Top Partner

    株式会社スリーボンド

    全国の部活動生のみなさん、今年は試合や大会が軒並み中止となってしまい、活躍がなかなか見られず寂しい年でした。弊社は創業初期よりモータースポーツやスリーボンド野球部、ゴルフ等のスポーツ支援に積極的に取り組んでおりますので、今回の宣伝会議賞中高生部門特別課題を通して、全国の部活動生を応援したいと思いました。日頃の成果を発揮出来る場の一つとして、皆さんの思いをこの企画にぶつけて頂けるのを是非期待しています。

    https://www.threebond.co.jp/ja/companyinformation/sportssponsor/

  • Supporting Companies

    カンロ株式会社

    キャンディエール特設サイト
    https://www.kanro.jp/candyyell/
    ヒトツブカンロサイト
    https://www.kanro.jp/hitotubu/

    今年の夏は、皆さんの頑張りの集大成を発揮する機会が少なくなってしまいましたが、目標に向かって努力した日々はこれからも大きなチカラとなってくれます。
    普段はなかなか伝えられないキモチをキャンディに込めて、今まで一緒に過ごした仲間とエールを贈りあってください。

フェローパートナー

部活動チーム応募チャレンジ

特別課題にチームで応募することを決めた部活動団体を紹介します! 部活動を通じて出会い、絆ができた大切な仲間とともに「コトバ」に挑戦する姿勢を応援。
参加チームには趣旨に賛同する日清食品から「カップヌードル」を差し入れいたします!

参加方法について

以下13の項目を用意して、事務局宛てにメールでご連絡ください。

  1. 部活動チーム紹介画像(チームの集合写真や部活動の様子がわかる写真を送付)
  2. チーム紹介テキスト(チームの強みや大事にしてきたことを紹介する説明文)
    ※チームが所属する学校名も明記し200字程度で作成ください
  3. チーム応募宣言動画(特別課題に挑戦する意気込みが込められた動画データを送付)

チームの代表者もしくは顧問の先生がご応募ください。

お問い合わせおよび参加ご連絡先
電話:03-3475-3010
メール:skat@sendenkaigi.com
宣伝会議賞 中高生部門 特別課題事務局

宣伝会議賞とは

商品やサービスなどの「課題」に対して、広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画という形で応募いただく公募広告賞です。
1962年の創設以来、「コピーライターの登竜門」として長年にわたり、若手のクリエイターやクリエイターを目指す方々にチャンスの場を提供してきました。
昨年は60万点以上の作品が集まり、“日本最大規模の広告賞”として進化を続けています。

応募できるのは、現役の中学生・高校生のみ!

中高生部門

2016年の第54回宣伝会議賞から中高生部門を、新設いたしました。
時代の変遷とともに、メディア環境は大きく変化しています。特にwebの登場によって、個人がメディアとなって情報発信できる時代が到来しました。
誰もが「発信者」になれる時代だからこそ、中学生・高校生の皆さまにも、広告コピーとの関わり合いを通じて、コトバの魅力やパワーを実感し、もっと活用してもらいたい。
こうした想いから、本部門を立ち上げました。